ブルガリアの新聞のジョーク集

    語学関係
    06 /16 2009
    Всички вицове които трябва да знаете
    「知っておくべき全てのジョーク」

    vicove.jpg


    ブルガリア語で書かれた分厚いジョーク集の本で,なんと3393ものジョークが収録されています.ジャンルごとにカテゴリ分けされていて,クスッと笑えるものから,社会情勢・文化背景を知らない者には何が面白いのか分からないものまで多種多様です.発行は2004年ですが,かなり古い作品まで収録しているようです.例えば,次のような作品がありますが...

    - Какво получава зетят, ако тъстът му е обикновен човек?
    (もし嫁さんの父が普通の人だったら,婿は何が貰える?)
    - Телевизор.
    (テレヴィーゾル.)
    - А когато не е обикновен?
    (それじゃあ,普通でなかったら?)
    - Телевизия.
    (テレヴィージヤ.)

    少なくとも私にとってこのジョークは「???」でした.
    さすがにこの内容では今のブルガリア人にとっても意味不明と見えて,ページの下に注釈が付いていました.

    Зетят на Тодор Живков Иван Славков бе директор на националната телевизия - бел. ред.
    (トドル・ジフコフの嫁婿,イヴァン・スラフコフは国営テレビのディレクターであった)


    注釈が必要な時点で既にジョークとしての賞味期限は切れている気もしなくないですが,そういう事らしいです.телевизорにはテレビの受信機の意味しかありませんが,телевизияにはテレビ局という意味もあります.おそらくスラフコフ氏ディレクター就任のニュースを聞いた直後の当時の人はこのジョークを読んで笑ったのだと思われます.

    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    これは難易度高過ぎですね。といいますかかの有名なガブロヴォのジョークでも原語で書かれていたら私ではきっとお手上げでしょうけど。(笑)
    記事とは全く関係がなく申し訳ありませんが、こんな物を見つけました。原作を含め全てメイドインジャパンというのですからちょっと驚きました。
    http://www.mtvjapan.com/usavich/

    政治のカテゴリは難易度が高いと思いました.
    ガブロヴォジョークの原語版を持っていますが,あれもかなり難易度高いです.日本語訳本を見てようやくオチが理解できたジョークも多数..口語独特の言い回しが訳せません.

    ソビエトが舞台の日本アニメとは凄いですね!今まで他にあったでしょうか.シュールさ溢れるキャラクターがウケます.

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。