バーニツァは自作可能か?(1)

    作ってみた
    11 /15 2009
    ブルガリアの食べ物で,私の一番のお気に入りはシンプルなチーズ入りのバーニツァです.
    これを日本で,しかも簡単に作ることは可能かどうかについて検証してみました.

    まずはチーズの準備ですが,ブルガリア産のシレネはまず手に入りません.
    昔聞いた情報では,名古屋にあるトルコ物産を扱う店で白いチーズが手に入り,それがシレネに最も近い(ブルガリア人談)のだそうですが,店の名前を忘れてしまった上,誰でもいつでも買えるという訳ではない感じでした.したがって,ギリシャ産フェタで代用することにします.
    本当は100%羊乳製のフェタが欲しかったのですが,今回周った店では下の商品しか見つかりませんでした.

    feta.jpg
    以前,純羊乳製フェタをチーズ専門店で買ったことはありますが,今回は時間の都合で探せませんでした.気になるのは,
    feta2.jpg
    ヤギ乳が半分使われている点です.ブルガリアでシレネにヤギ乳を混ぜるという話は聞いた事がありません(単に私が知らないだけの可能性も).
    それに,ヤギ乳のチーズは過去一度食べたきりです.前に試したのはフレッシュタイプで,口に入れた瞬間はヨーグルトにも似た爽やかな酸味が心地良かったのですが,ワンテンポ遅れてやってくるヤキ乳特有の強烈なケモノ臭に参ってしまい,飲み込むのも辛い状況になりました.なんとか食べた後も後味にケモノ臭が残り,それ以降,ヤギさんのチーズは敬遠していました.

    なのでこれも少し警戒していたのですが,このフェタチーズは生でも平気で食べられました.シレネと似て,塩気はやや強めで,コクのある味わいです.そしてヤギチーズのときに経験したワイルドな後味は感じません.ブルガリアのシレネと同じではないかも知れませんが,極端には違わないと思いました.羊乳と混ぜ合わせた影響なのか,製法の違いなのかわかりませんが,これで実験(?)は続けられます.

    2に続きます
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。