エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
民族楽器カヴァル(1)
kaval1.jpg


民族楽器カヴァルとその入門書を購入しました。
タイプは D(до строй) です。
このカヴァルが出せる音は
第1オクターブ:レ、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ
第2オクターブ:レ、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ
第3オクターブ:ド、ド♯、レ、レ♯、ミ、ファ、ファ♯、ソ、ソ♯、ラ、ラ♯、シ、ド
で、第1・2オクターブのドの音は出ません。

本によると、カヴァルは他にもси-бемол стройとсол стройがあり、それぞれ1音、3音づつ低い方にずれ、笛のサイズも大きくなるそうです。トラキア地方で一番メジャーなのはこのдо стройだそうです。
カヴァルは写真のように3分割できるようになっています。吹く場所は一番上です。持つ場所は真ん中で上下あわせて8個の穴があります。一番下にも4つ穴がありますが、この穴をふさぐことはありません。
第1オクターブと第2オクターブの指の配置は同じです。という事は、吹き方の加減だけで音を区別しなければならないわけです。本の文章では、「軽く唇を尖らせ、息の流れを強めることで、トーンは1オクターブ上がる」のだそうです。
実際に触ってみた感想などは後日に続きますが、想像以上に手強い楽器であることがわかりました。

木製なので定期的にオリーブ油を塗るなどのメンテナンスが必要だそうです。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
【2010/11/10 21:15】 | 楽器 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<民族楽器カヴァル(2) | ホーム | ブラジルのアイス>>
コメント
これは初めて知りました。楽器としてはかなり原始的な部類(失礼しました)に入りそうですが、本当に手強そうですね。
おそらく現地の人でもそれほど多くの奏者はいないのではないかと想像しますが、それとも我々が小学校の時に習った縦笛のように教育の現場でも利用されているのでしょうか。
ともあれ演奏のみならず手入れも大変となれば楽器音痴で無精な私では完全にお手上げですね。(苦笑)
頑張って下さい。
【2010/11/10 22:44】 URL | にーの #-[ 編集]
ありがとうございます。
カヴァルですが、ブルガリア民謡にしばしば(ポップフォークにもまれに)用いられるので、きっと知らず知らずのうちに聴いていると思います。
学校で使う教材にしては若干敷居高いような気はしますが、そう思うのは私だけで、現地人に渡したら「ああこれね」と簡単に演奏してしまうのかも知れません。
【2010/11/11 21:09】 URL | hishi #-[ 編集]
はじめまして。

ななめの笛を作って吹いてみたいと思って、調べてみています。

カヴァルの入門書を読むことができるのは、たいへんうらやましいです。
そして、その内容の一部が書かれているのは、たいへんありがたいです。ありがとうございます。

音域と、音階を知ることができました。ありがとうござしました。
【2011/02/13 08:19】 URL | 百本八本 #-[ 編集]
コメントを頂きありがとうございます。
記事を見過ごしており、レスポンスが大変遅くなりまして申し訳ありません。

> ななめの笛を作って吹いてみたいと思って、調べてみています。
>
> カヴァルの入門書を読むことができるのは、たいへんうらやましいです。
> そして、その内容の一部が書かれているのは、たいへんありがたいです。ありがとうございます。
>
> 音域と、音階を知ることができました。ありがとうござしました。

笛を自分で製作するというのは凄いですね。カヴァルはシンプルに筒状なので、うまく作れば確かに同一の音のものができそうです。
入門書はbulgarianaという店で買ったものですが、文章で書いてあってもやはり体で覚えるしかないので、悪戦苦闘しております。
ちなみにこの入門書のページの大半は楽譜でして、これは「ひたすら練習せよ!」ということなのかも知れません。
【2011/04/03 13:39】 URL | hishi #-[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2015/06/30 12:52】 | #[ 編集]
Take_jyanさん、
超絶遅レス申し訳ありません。コメントを見落としておりました。

カヴァルの加工をされているそうで驚きました。どうやるとどのように音が変化
するかとても興味があります。たしかに、何も手を加えないと楽器としては最適
ではありませんね。実はプロの演奏家もひそかに手を加えていたりして・・・?
国内の実店舗で購入すると高いので(現地に赴く以外では)ネット購入が現実的
な選択肢かも知れません。最近何度か利用したshopbulgariaというオンラインシ
ョップは、品物も店側の対応もなかなか良いと思いました。
【2015/09/20 06:18】 URL | hishi #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/175-ba2e91e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する