エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
奥三河郷土館がすごい
設楽町に行ってきました。
豊橋駅からJR飯田線で1時間、さらに本長篠駅からバスで1時間かかります。
観光地化されているわけではありませんが、ここにはB級スポット好きの間では有名な奥三河郷土館があります。
田口鉄道の廃線ウォークついでに訪れました。

taguchi1.jpg
入り口には田口鉄道の車両が一両静態保存されています。
taguchi0.jpg
館内は有料(200円)ですが、車両には無料で入ることが出来ます。田口線が廃止されたのは40年以上も前ですが、こう見るとついこの間まで走っていたかのようです。

taguchi2.jpg
ちなみに、本物の三河田口駅はここより約2-3km離れた川沿いにありました。
周囲には何もなく、町の中心からは片道20分の山道を降りなければなりません。これでも昔は利用者が結構いたそうですが、さすがにクルマには勝てなかったのでしょうね・・・。
旧駅舎は朽ち果てていく一方です。そのうちダムの底に沈んでしまうらしいです。

taguchi3.jpg
奥三河郷土館に戻って、中の様子です。昔の村の生活道具などがかなり多数展示されていて興味深いです。

taguchi6.jpg
左下は昔のトイレットペーパーらしいです。使い方を誤ると痛そうです。

taguchi4.jpg
剥製の部屋もお奨めです。かなりの数が展示されています。ダンボールの中に無造作に突っ込まれている剥製など、ローカル色満杯です。

taguchi5_.jpg
凄いのは生体標本コーナーで、特にこの『猫のホルマリン漬け』は強烈です。
(クリックでモザイク無しが表示されます。閲覧注意です)
他にも『丸呑みした未消化物と一緒にホルマリン漬けされた青大将』など「うわああああああああ」な展示が揃っています。
好みは分かれるとは思いますが、個人的にはこういった博物館はエキサイティングで好きです。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ:名古屋・愛知 - ジャンル:地域情報

【2011/08/10 20:58】 | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<民族楽器ガイダ(1) | ホーム | ヘーゼルナッツドリンクとアーモンドドリンク>>
コメント
素晴しい!これは超A級のB級スポットですね。(笑)
民具や有用な植物の標本などは正統的ともいえる或る意味普遍的な展示で新味はありませんが、一言の説明もない剥製(しかも段ボールに無造作に突っ込んであるものさえ)から怪しさを増し、極めつけは生体標本というこのような内容で入場料を取るのが正にB級スポットと呼ばれる所以なのでしょう。
剥製はおそらくこの地域に生息している動物だと想像しますが、やはり説明が欲しいところです。ホンドギツネは何となく判りますが段ボールの中身は数種類のリスでしょうか。一番手前は一瞬ジャコウネコ(移入種)かと思いましたが正体が気になります。
とりあえず必然性の感じられない(?)猫の標本があるという事で個人的にほぼ100点のB級スポットに認定したいと思います。(笑)
【2011/08/11 00:55】 URL | にーの #-[ 編集]
認定いただきありがとうございます。
こういった展示は山奥ならでは、といいますか都心部でやったら「子供が泣き出した」などクレームが付いてすぐさま展示中止になりそうですね。
右下の剥製はあまり目にしない動物で、私も正体がわかりませんが確かに頭部はネコっぽいですね。ワゴンセールの如くダンボールに突っ込まれている小動物は「その他」扱いでしょうか。
猫の全身解剖(苦痛に溢れた表情が見てて辛い)はどういう経緯で作ったのか気になりますね。『ねこ。』とだけ書かれてもいやそれは知ってますってば!ですし。
その辺りをうろついていた野良猫を捕まえてきて・・・なんてことも有るでしょうか。
【2011/08/11 07:23】 URL | hishi #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/191-82f94407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する