発酵バターの自作

    作ってみた
    12 /29 2014
    バター不足が続いているようなので、発酵バターを自作してみました。

    機材は
    ・タニカのヨーグルティア
    ・ふんわりバタークック

    原料は
    ・生クリーム乳脂肪分47% 200ml
    ・プレーンヨーグルト 20g程度
    ・塩少々

    butter1.jpg
    生クリームは脂肪分45%以上であることと、安定剤が入っていないことが必要条件です(紛らわしい商品があります)。ヨーグルトは入れすぎると脂肪分が下がって固まりにくくなり、少なすぎても正しく発酵できないので分量調整が微妙です。

    butter0.jpg

    まず、43℃で7時間発酵させます。
    このとき、生クリームのパックを水を張ったヨーグルティアの中に入れると手軽です。

    butter2.jpg

    その後、冷蔵庫で1日以上冷やします。

    butter3.jpg

    発酵がうまく進めば、クリームがヨーグルト状になります。これをパタークックの容器に入れて、塩を加えます。パタークックのなかに攪拌棒を入れて、分離するまでバタークックをひたすら振ります。
    これは相当大変です。私は20分以上振りました。腕が痛くなります。3分でできるという話もあるのですが・・・?
    ピチャピチャと音がし始めたらほぼ完成です。

    butter5.jpg


    できた発酵バターは香り高く、わずかな酸味と豊かなコクがあって気に入りました。わざわざ作る手間に見合うかどうかの判断は必要ですが・・・
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。