エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
ブルガリア製歯磨き粉 Bilka homeopathy
bilkahome1.jpg

shopbulgaria.comからオンライン注文しました。ビルカ・ホメオパシーレモン味とグレープフルーツ味の2種類です。
Bilkaというのは製造者名の一部ですが、薬草、ハーブを表すбилкаから取っていると思われます。

アピール点としては、
・ミント、フッ素化合物、砂糖、着色料不使用
・天然植物由来のキシリトールを配合し、虫歯や歯垢から歯を守る
・(レモンピール抽出物/天然グレープフルーツ香料)と重曹使用
・ホメオパシー療法を実施している人に最適

だそうです。
ホメオパシーの効果がいったいどれほどのものかは知りませんが、とりあえず材料にこだわっているらしいです。

bilkahome2.jpg


原材料は次のようになっています。
レモン味:炭酸カルシウム、水、ソルビトール、グリセリン、キシリトール、ケイ酸、キサンタンガム、シトラスレモン抽出物、香料、ラウリル硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、ブロノポール、3-ジオール、ジアゾリジニル尿素、シトラール、リナロール、リモネン
グレープフルーツ味:炭酸カルシウム、水、ソルビトール、グリセリン、キシリトール、ケイ酸、キサンタンガム、香料、ラウリル硫酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、ブロノポール、3-ジオール、リモネン、シトラール


bilkahome3.jpg

まずはレモン味を使ってみました。
色は淡い黄色。着色料を使わないとこんなものでしょう。

使用感は、確かに違います。
メントール系の清涼剤が使われていないので、とても穏やかな口当たりです。歯磨き時のスーッとした清涼感を求めていると、物足りなさを感じるかも知れませんが、それが本当に必要なのかを再考する機会になります。
それに代わって、レモン味のチューイングキャンディーのような香りがあります。これも天然由来成分でしょうか。味としては控えめで、口に入れた瞬間にレモンの爽やかな風味を感じます。酸味はありません。


bilkahome4.jpg

続いて、グレープフルーツ味も使ってみました。

こちらも甘い香りがあります。口に入れた瞬間、グレープフルーツのツブツブ感が脳裏に蘇ります。フレッシュな柑橘風味を感じます。酸味はありません。
レモンと違ってグレープフルーツは果実をそのまま食べますので、こちらのほうが自然に近い感を実感できるかも知れません。

個人的には酸味もあったほうがよりリアリティーを感じるのではとも思いましたが、よく考えると酸は歯磨き的にまずいので、これが完成形なのでしょう。
とりあえず、これでしばらくは歯磨きが至福の時となりそうです(^^)
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
【2015/10/10 09:34】 | 今日の一品(ブルガリア産以外) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<薔薇月餅 | ホーム | コロナポップコーン ケチャップ味>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/275-91ef7bfd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する