エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
ブルガリア民族楽器ツァファラ
ブルガリアからцафара/tsafara/ツァファラという民族楽器を購入しました。全長50cmほどで吹き口付近以外は木製です。

tsafara0.jpg

この楽器、情報が少なく謎の部分が多いのですが、なんとなくミニカヴァルというような感じです。
カヴァルとの主な違いは、3つに分解できないこと、内径がひと回り小さいことと、あと、
tsafara1.jpg

謎のケースが付属していました。
これに入れて運ぶと必要以上にかさばるし、カタカタ音がするので保護の役割を果たしてくれてるかどうか(^^;

とりあえず、数少ないwiki情報によると、

Цафарата е малък балкански едноставен дървен духов народен музикален инструмент от рода на кавала и овчарската свирка. Общата дължина на цафарата е от 25 до 35 сm, но понякога може да достигне и до 50 сm. Външният диаметър е около 2 сm, а дебелината на стената - 2 mm. Мундщукът в предния край е заострен по вътрешния ръб, поради което при свирене цафарата се държи леко настрани. Липсата на пискун създава трудности на начинаещите, тъй като изисква сериозно майсторство при свирене.

ツァファラは小さなブルガリアの木管民族楽器で、羊飼いの笛カヴァルと同じ系統にあたる。一般的な長さは25~35cmだが、50cmに達するものもある。内径は2cm、外壁の厚さは2mmである。吹き口は鋭角になっており、そのため奏者は少し外側に笛を構えて拭くことになる。ピスクン(リードのこと)がないため初心者が音を出すことは難しく、演奏には相当の練習が必要になる。


ブルガリア以外ではギリシャ、マケドニア、セルビアの南東部でこの楽器がみられるそうです。
元々、この楽器に指穴は6つしかなかったそうですが、今日ではツァファラも7つの指穴が作られるようになったそうです。
さて、カヴァルと同じということは、

tsafara2.jpg

はい!筒ですね。
カヴァルを触った経験があればすぐ音は出せると思いますが、内径が小さいので若干戸惑うと思います。しかも、カヴァルでおなじみのD管ではなく、手元の個体は全ての穴をふさいだ音がF#となっています。息の強さをコントロールすることで2オクターブの音域を出せます。2オクターブ目の高音は技術的に難しく、私には安定して音を出せそうにありません。

この楽器は比較的安く手に入るので、ちょっとお試しでブルガリアのななめ笛を触ってみたい方におすすめできると思います。


こんな感じの音が出ます。
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ:音楽 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2016/06/02 20:36】 | 楽器 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<ブルガリア民族楽器ドゥドゥク | ホーム | Nutritional Yeast Seasoning>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/296-6eb20597
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する