エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
チューリップようかん
tulip1.jpg

沼津の仲見世通りの直売所にて売られていました。
検索すると北海道にもチューリップをかたどった同名の商品があるようですが、こちらは本物のチューリップが使われているということで生々しさがあります。
通常600円のところ、半額で300円

・・・高いのか安いのかよくわかりません。

tulip2.jpg

断面はこのような感じで、

tulip3.jpg

見えます、花びらっぽいのが。

リンゴ果汁が使われていることもあり、ようかんといってもジャムと同じようなフルーツ感があります。
全体的に花の蜜をイメージしたような味に仕上がっています。歴史ある地元の製菓業者が出しているだけあって、商品名こそB級風ですが味は本物です。

さらにホームページを見てみると、

http://www.kurisen-hosaka.visithp.jp/reserve.html

> 羊かんの種類になります。

(中略)

わさび
ひまわり(・・・の、種?)
あじさい
納豆
椎茸


これらをセットで贈ったら何事かと思われそうです(笑)
私はさすがに全種類コンプリートする余力ありませんので・・・(^^;
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ

テーマ:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) - ジャンル:地域情報

【2016/08/13 22:07】 | 今日の一品(ブルガリア産以外) | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<古代小麦アインコルンでパンを焼いてみた | ホーム | Глория - Полудяваш по мен>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/305-23822b11
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する