エキセントリック自由帳
    珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
    古代小麦アインコルンでビーガンパンケーキ
    eikornf01.jpg

    前回、古代小麦アインコルンでパンを焼くレポートを書きました。
    続いては、アインコルン特有の黄色い色、これを何とか生かせないかと考え、卵を使わないビーガンパンケーキにチャレンジすることにしました。

    材料はこちら。

    einkornpancake3.jpg

    アインコルン小麦粉 150g
    山芋粉 5g
    アーモンドミルク 170ml
    メープルシロップ 大3
    オリーブオイル 大1
    ベーキングパウダー 5g

    (そういえば私は一人暮らしを始めて以来、卵を一度も買った記憶がないです)

    卵の色をアインコルンで補い、ふんわり感を山芋粉で補ったつもりです。山芋粉はたまたま冷蔵庫の中に残っていた賞味期限切れ原料を活用したのですが、なくてもできると思います。

    einkornpancake0.jpg

    これを混ぜてフライパンで焼くだけで、それっぽいものはできます。

    einkornpancake1.jpg

    ホットケーキミックスや香料を使っていないこともあり、ほのかにシロップの香りがする程度です。バニラエッセンスがあれば入れても良かったかも知れません。

    味は素朴な味の田舎風パンケーキと言いましょうか、なかなかいけます。前回パンを焼いたときのような個性的な風味は影をひそめています。イースト発酵させないからでしょうか。モチモチしています。冷めると外のカリカリ感は失われますが、固くはなりません。


    同じ生地でどら焼きも作ってみました。アインコルンどら焼き・・・人類史上初かも知れません(^^; 中身は抹茶あん(これも賞味期限切れw)。

    einkornpancake2.jpg

    これもそんなに違和感ないです。生地がフワフワというよりモチモチなのがどら焼きとしてどうかという点はありますが。
    スポンサーサイト
    人気ブログランキングへ

    テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

    【2016/09/11 20:20】 | 作ってみた | トラックバック(0) | コメント(0) |
    <<名古屋駅から御在所岳山頂まで0円で行った話 | ホーム | ブルガリア製リュックサックTASHEV Outdoor Cross 18>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/308-e7e4f37f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    最近の記事

    最近のコメント

    CalendArchive

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する