エキセントリック自由帳
    珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
    ブルガリアのキリル文字フォント
    一部の人以外にはどうでもいい差かもしれませんが、我々がPC上で見ているキリル文字は、ブルガリアの印刷物に使われるキリル文字と形が違います。ここでは前者をロシアのキリル文字、後者をブルガリアのキリル文字とします。(キリル文字はブルガリア発祥なんですけどね・・・)

    この両者は明確な切り分けがあるわけではなく、ブルガリアでもロシアのキリル文字が使われる例は多数あります。多くの個人PCや印刷機がロシアのキリル文字にしか対応していないという事情もあると思います。

    ただ出版物を見比べると、キリル文字に地域性があるのは明らかで、ブルガリアの文字をPC上で出せないことにずっともどかしさを感じていました。

    bgfont0.jpg
    ブルガリアのキリル文字
    ところが今年になって、ブルガリアのキリル文字をPC上でも出したい、という動きが広まっているようです。例えば、ここのフォーラムの記事

    ありがたいことに、ブルガリアのキリル文字フォントが無料でダウンロードできるようになりました。
    https://www.behance.net/gallery/43026059/HK-Grotesk-Cyrillic

    インストールしたらなんと!ブルガリアのキリル文字が入力できます。

    bgfont1.jpg
    クリックで拡大します

    見ての通り、ブルガリアのキリル文字には結構特徴があります。全体的に、筆記体寄りで丸みを帯びる傾向があると言えます。例えば、

    小文字のтがm
    小文字のпがn
    小文字のгが逆さs


    ほか、小文字のжкюが上に突き出ています。これには賛否両論あるようです。

    私はほとんどブルガリア語のキリルしか読まないのでこのフォントはごく自然に受け入れられますが、ロシア語のキリルに慣れた方は違和感を覚えるのでしょうか?

    ウェブブラウザに適用するには、もっとやらないといけない手順があるようです。
    スポンサーサイト
    人気ブログランキングへ
    【2016/12/31 20:46】 | 語学関係 | トラックバック(0) | コメント(2) |
    <<発熱セラミックボールで石焼き芋 | ホーム | 東名小山バス停の周辺を歩く>>
    コメント
    明けましておめでとうございます。
    今年も宜しくお願い申し上げます。
    実は今までブルガリアのキリル文字がロシアのとは形が違う事を知りませんでした。もちろん、ブルガリアのキリル文字で書かれたブルガリア語のサイトは見た事がありますが、わざと筆記体にしているものだとばかり思っておりました。(笑)
    ただし個人的見解を申し上げますとロシア語から始めた私の場合でも、ブルガリア語のフォントに違和感を覚えることはほとんどありません。またロシアでもブルガリアタイプのЛは意外と多く使われているようですし。
    しかし日本で販売されているブルガリア語の教材もちゃんと正しい文字で書いて欲しいものだと思います。(苦笑)
    【2017/01/01 21:36】 URL | にーの #-[ 編集]
    あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いいたします。
    コメントありがとうございます。手元のロシアCDジャケットを確認したところ、逆V字型のЛが使われている例が確かにありました。ЛやДはロシア対ブルガリアというよりは、フォント間のばらつきが大きいのかも知れません。
    私の使用しているブラウザだと、ブルガリア語のサイトもロシアのキリルで表示されるため、画像に埋め込まれた文字だけがブルガリアのキリル、というケースがよくあります。
    昔、日本のブルガリア語教材で勉強して現地に行った人が「現地の本の文字が変で嫌い」と言うのを聞いたことがあります。違和感を感じるかどうかは、多くの字体に触れたかどうかも関係しそうですね。
    【2017/01/01 23:27】 URL | hishi #-[ 編集]
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/317-a9f34767
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    最近の記事

    最近のコメント

    CalendArchive

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する