エキセントリック自由帳
    珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    人気ブログランキングへ
    【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
    Сен Тропеとその後の展開いろいろ
    今日は妙に癖になるあの曲の周辺を紹介します。

    Азис - Сен Тропе (2011)


    私なんかもう慣れてしまって「ああいつものアジスだね」で済むのですが、一応刺激が強いので初めて見る方は閲覧注意です。

    この歌、人気を集め、バルカン全域でカヴァーされることとなりました。
    トルコ語によるカヴァーがこちら
    Enka - Alay?na Zam (2012)



    キモさまで忠実に真似されています。やっぱり同じような人がカヴァーするのですね。バックヴォーカルがアジスのままで手抜き気味です。(人のこと言えるのか?)


    ルーマニア語によるカヴァーはこちら

    Florin Salam - Saint Tropez (2013)




    そしてセルビアでも複数の歌手にカヴァーされました。

    Keba - Ona to zna (2013)


    Boris Mitrovic - Vodim te u St. Tropez (2015)


    Evrokrem Barabe - San Trope (2016)



    ギリシャでもカヴァーされました。
    Panos Kiamos - Fotia me fotia (2013)




    トルコの歌手が原語で歌っています

    Mekan Atayew - Sen trope (2017)



    ・・・さて、おまけなのか本題なのか不明ですが、この曲、せっかくなのでボーカロイドにも歌わせてみました。



    ブルガリア語は歯切れが良いからか、日本語のボーカロイドでもそれ程違和感ない気がします。
    上手く歌わせるにはそれなりの技術がいるそうで、これからも勉強していこうと思います。

    スポンサーサイト
    人気ブログランキングへ
    【2017/12/06 21:49】 | BGポップフォーク | トラックバック(0) | コメント(0) |
    <<知立のシバタショッピは面白い | ホーム | ないものはない 松崎にて>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/341-9f9afa01
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    最近の記事

    最近のコメント

    CalendArchive

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。