エキセントリック自由帳
    珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
    「ユーシンブルー」終了、では「大又沢ブルー」は?
    oomata00.jpg

    丹沢湖の大又沢ダムに行ってきました。
    2018年1月に、ユーシンブルーで人気だった林道が崖崩れで(歩行者も含め)通行禁止になったこともあり、その代わりとなり得る大又沢ダムに興味が湧いたわけです。
    oomata01.jpg

    入口は丹沢湖の西、ユーシンブルーへの入り口から湖を挟んで反対側です。
    ここまで最寄りのバス停から徒歩1h、ここからダムまでさらに1hかかります。


    oomata02.jpg

    岩の色も青色がかってるような気がします。


    oomata03.jpg

    途中、滝があったり、


    oomata04.jpg

    多少青っぽく見える場所もあったりして、


    oomata05.jpg

    大又沢ダムに着きましたが・・・


    oomata06.jpg

    水抜き中か(;´Д`)
    今後ずっと水を溜めないのかどうかはわかりませんが、この状態が続くなら敢えて行くメリットもないと思います。
    と言いますと・・・


    oomata07.jpg

    こちらも崩落が始まっており、ユーシン渓谷と同様に近々通行できなくなる可能性がありますし、


    oomata08.jpg

    ヒトよりもケモノの足跡のほうが多かったりして、落ち着かなかったです。


    oomata09.jpg

    もともとユーシンブルーも、(観光客が騒いでいるだけで)地元からはあまり観光資源とみなされていない雰囲気を感じました。
    私の地元もそうですが、観光資源に乏しく、取って付けたようなB級グルメやゆるキャラ、美少女キャラに頼って町おこしに躍起している自治体にとっては、羨ましい限りかも知れません。


    oomata10.jpg

    ちなみに丹沢湖ビジターセンター(入場無料)では、足跡の手掛かりとなる動物のはく製が展示されています。


    oomata11.jpg

    タヌキ、さっきのはこれでしょうね。


    oomata12.jpg

    イノシシ、ヒヅメっぽい足跡はこれかと思います。ツキノワグマのはく製もありましたが・・・


    oomata13.jpg

    さすがにこれではないでしょう(笑)
    スポンサーサイト
    人気ブログランキングへ

    テーマ:登山・ハイキング - ジャンル:旅行

    【2018/02/07 21:45】 | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(0) |
    <<ブルガリア民族衣装 カルパック калпак | ホーム | 幸田憩いの農園プロスパーの未利用魚ラインナップが凄い>>
    コメント
    コメントの投稿












    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック
    トラックバックURL
    http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/345-9de2a3d4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    | ホーム |
    最近の記事

    最近のコメント

    CalendArchive

    カテゴリー

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    リンク

    このブログをリンクに追加する