ブルガリア民族衣装 カルパック калпак

    お買い物
    02 /24 2018
    kalpak0.jpg

    nosii.comから注文していた帽子、カルパックが届きました。
    注文から3ヶ月、結構かかりました。暖かそうで冬の外出に良いなと思っていたら、冬も過ぎつつあります。夏にも日よけの目的で用いられるそうです。
    kalpak1.jpg

    本革製(左)は80lv→30%off、人工革製(右)は30lv。今回新たに購入したのは本革製です。といっても、量産品なので過度な期待は禁物ですが。
    写真だとわかりにくいですが、本革製はややゴワゴワ、人工革製(ポリエステル?)はツルツル、ピカピカしています。


    kalpak2.jpg

    頭に合わせて多少サイズ調整できるようになっています。


    ryakudatsu.jpg

    ブルガリア映画「略奪の大地」では、オスマン帝国兵がカルパックを目の敵にしているシーンがあります。イスラムへの改宗を意味するターバンを被るのを拒んでカルパックを脱がないため。
    写真はその原作となったアントンドンチェフ氏著の「別れの時」、原語版と日本語訳版です。


    kalpak3.jpg

    被り心地良好です。これを着けて、カヴァル片手にハイキングに行きましょう。
    スポンサーサイト

    コメント

    非公開コメント

    xpucmo

    ブルガリアの言語や音楽(特にポップフォーク)を愛するあまり、現地のセミナーまで受けに行った変人。HNを現地で頂いたブルガリア名xpucmo = フリスト に統一しました。