エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
真似てはいけないモスクワの歩き方
すでに準備段階から間違っていました.
旅行サービスセンターの人に,これくらいしかうちでは取れない,といって渡された「シェレメチェボ空港にて3時間での乗り継ぎ」の旅程表を疑いもせずOKしてしまいました.
向かい風でフライトが1時間遅れ,荷物が出ないというトラブルでさらに1時間以上待たされ,やっとターミナル間の移動にとりかかることができる頃には,次の便の出発まであとわずか40分でした.
はたして間に合うか?
無理です
またしても乗り遅れました...

すでに深夜で,ホテルの予約もできません.
野宿決定
(後で知ったのですが,無料でキャンセルできるホテルがあったので,滑り止めとして予約しておくという方策もありました)

絶望しました.乗り合いタクシー&メトロを乗り継いで鉄道の駅に到達し,なんとか次の日の夕方発の寝台列車の予約を押さえましたが,今日の行き先がありません.駅もどこも,深夜になると閉鎖で追い出されてしまいます.とりあえずはあてもなく歩き回りました.雨が降っていて寒いのが辛かったです.
時刻は午前2時くらいだったでしょうか.地下道で時間稼ぎをしていると,後ろから何かでコンコンと叩かれました.振り返ると・・・
鉄パイプを持った3人の警官に囲まれていました

これはひょっとするともう終わりか?と思ったのですが,事態は意外な方向に展開していきました.
彼らはとても親切だったのです.
列車の券を見せながら,事情をなんとか説明すると,理解してもらえたようで,3人のうち2人は去っていきました.残りの1人は,「お前一人じゃ危険だから,俺がボディーガ-ドしてやるよ」といい,しばらくの間横についていてくれました.
その間,その警官は上機嫌にいろいろと話し出しました.ロシア語だったので理解できなかったところも多くありましたが,とりあえずは感謝しているということが伝わるよう努力しました.
やがて先ほどの2人の警官が戻ってきて,「営業しているカフェがあるから付いて来いよ」と言いました.少し歩いたところにあるそのカフェで,なんとか無事に夜を明かすことが出来ました.
その2人も時折カフェに様子を見に来て,携帯電話のビデオクリップを見せてくれたり,拳銃を触らせてくれたり(!!)してリラックスさせてくれました.とにかく,彼らのお陰で精神的にはかなり救われました.

夜行列車だと目的地まで14時間もかかるのですが,前日全くといっていいほど睡眠を取っていなかったため13時間も爆睡し,気がついたらヨシュカルオラに到着していました.

今回,気をつけるべきと感じたのは:
・夜着の便の場合,当日の乗り継ぎは避ける
・シェレメチェボでの乗り継ぎは4時間以上の余裕を持たせる
・荷物は預けない(特に後で乗り継ぐ場合)
・警官には決して反抗的な態度を取らない
でしょうか.状況によっていろいろ違うので,決して一概には言えませんが.
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
【2007/10/16 23:46】 | 出張 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<マリ・エル共和国の風景 | ホーム | 出張その2>>
コメント
驚きました! まさかそんな事態になっていたとは。
それにしても不幸中の幸いでした。何しろモスクワの警官といえば現地の日本人商社マンからは「ゴロツキー」と呼ばれているほど評判が良くなかったですから。モスクワの警察にも腐敗を取り除くメスが入ったという事でしょうか?まさか後で何か要求されたという事は?(笑)
こういう時でも日本の外務省(大使館)は普通何もしてくれないらしいです。やはり海外旅行は知り合いのいる国に限る?
【2007/10/17 19:04】 URL | にーの #-[ 編集]
幸い何も要求されませんでした.あと,ニセ警官でなかったのも幸いでした.
モスクワの警官といってもいろいろいそうですので,フレンドリーな人にあたったのは本当に運が良かったです.
万一現地で金欠になったら危険なので,そういう時に現地の知り合いがいると安心ですね.
【2007/10/17 22:23】 URL | admin_hishi #-[ 編集]
ニセ警官や、ホンモノでもワイロを要求するような悪徳警官のうわさが聞かれるなか、親切でやさしい警官に救われて本当に幸いでしたね。

「ゴロツキー」でgoogle検索して出てくるサイトにはロシア人にすごく親切にされた話も載っているですし、ゴロツキーやスキンヘッドのような人たちが全体からみれば少数なのだろうということは分かりますが、やっぱり怖いですよね・・・。


あと、空港が24時間動いているのなら空港で野宿するという手もあります。危険な空港はやはり危険だとは思いますが、警戒を怠らなければ比較的過ごしやすいです。(何度か経験済みですw)
【2007/10/27 23:25】 URL | peccafly #aIcUnOeo[ 編集]
ありがとうございます.
もしかするとモスクワ市内でも,場所によってニセ警官率にばらつきがあるのかも知れません.
私が彷徨っていたところはモスクワのカザン駅周辺で,他の駅と比べるとあまり外国人が多くない所(某ガイドブックも載っていない)だったのが良かった可能性があります.
もし乗り継ぎを考えるなら,確かに夜を明かせる空港を選ぶのが良さそうです.
ロシアの場合,3日以内の滞在登録が義務付けられているので,その意味でも野宿は危険ですね.
【2007/10/28 08:00】 URL | admin_hishi #-[ 編集]
MOSCOW - Domodedevo
http://www.sleepinginairports.net/europe/moscow_domodedevo.htm

MOSCOW - RAILWAY STATIONS
http://www.sleepinginairports.net/europe/moscow_other.htm#moscow_rail

MOSCOW - Vnukovo
http://www.sleepinginairports.net/europe/moscow_vnukovo.htm

MOSCOW - Sheremetyevo
http://www.sleepinginairports.net/europe/moscow.htm

前言撤回です。モスクワのSheremetyevo空港では徹夜しないほうがよさそうです。というかこんなサイトあるんですね(笑
それだけ需要が多いということでしょうか。
【2007/10/30 22:16】 URL | peccafly #aIcUnOeo[ 編集]
夜の駅周辺は怪しい集団の溜まり場になっていますから,避けたほうが良さそうですね.
夜のシェレメチェヴォ周辺の治安は要注意ということでしょうか.まず空港の設備に問題が有りますね,あそこは.
【2007/10/31 23:06】 URL | admin_hishi #-[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/56-73e38278
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する