エキセントリック自由帳
珍しい食材、ブルガリアから購入した物品等の紹介をします
寒くてもピクニック@ヨシュカルオラ
ピクニックは必ずしもポカポカ陽気な日にするものではないようです.
ヨシュカルオラから東に数十キロ行ったところにある湖のほとりにて,他の参加者(日本からは私だけ.あとはロシア人と,フランス,イタリア,スリランカ,フィンランド,エジプト出身)と一緒に行ったピクニックは私の人生で最も寒いものでした.
湖周辺で気温が下がるという現象でもあるのでしょうか.おそらく氷点下だったと思います.北風が吹いて寒いというわけではなく,空気そのものが冷たかったです.指を防寒着のポケットから1分も出すと痺れてしまう状況でした.
出発前に主催者が,防寒対策をしっかり!と強調していた意味がわかりました.
緯度としてはサハリンの北端よりも高く,また内陸部なので当然なのかも知れません.

yospic1.jpg
食事のメインはバゲットにバターを贅沢にぬってオイルサーディン?とピクルスをのせたものでした.

yospic2.jpg
焚き火と,ポットから入れた紅茶の熱に救われました.
こんなピクニックも意外と良いものです.
スポンサーサイト
人気ブログランキングへ
【2007/10/31 23:59】 | 散歩 | トラックバック(0) | コメント(6) |
<<太白サツマイモの味 | ホーム | ファラオンレストラン@ヨシュカルオラ>>
コメント
う~ん、いくら内陸部とはいえ10月で氷点下とは寒過ぎですね。もしかしたら早めの寒波に襲われたのでしょうか。北欧の人であればさほど寒いとは思わなかったかもしれませんが一番可哀想(?)なのはスリランカ、エジプトなどの暖かい国からの参加者でしょうね。もちろん個人差もありましょうが。少なくとも寒さに鈍感な私くらい耐寒性があれば皆さんそれほど苦労しなかったと思われますが(笑)こういう時は暖かい飲み物はやはり一番ですね。余談ですがやはりロシア人にも滅茶苦茶寒さに弱い人がおりまして、私の知人など冬の東京でさえ我慢できないと言っておりました。(爆笑)
【2007/11/01 21:50】 URL | にーの #-[ 編集]
ヨシュカルオラの街中との温度差がかなりあったことにも驚きました.
10月で氷点下ですから,あとの半年は私のような温帯の人間にとって居られない場所でしょうね.ロシアの自然環境は厳しいです.
それでも室内の暖房設備はしっかりしているようです.ときどき寒がりな人がいるのはそのためでしょうか.
エジプトの冬の気温は低くてもプラス一桁だそうです.防寒着も自国では調達が難しいと思われます.
【2007/11/01 23:47】 URL | admin_hishi #-[ 編集]
俗説で、「本州とくらべて、北海道では建物で暖房を強くかけるので、北海道人は実はもっとも寒さに弱い」といいますが、にーのさんのお知り合いの寒がりのロシア人も似たようなものかもしれませんね。実際のところ、北海道の人の寒がり人口ってどうなんでしょう(笑

エジプトの方はヘタするとピクニックに参加するために防寒具を整えなければならなかったかもしれないですね。

【2007/11/05 19:52】 URL | peccafly #sSHoJftA[ 編集]
正直申し上げて道産子(北海道生まれの人)の大半は寒さに弱いです。(笑)真冬にはそれこそ室温を30度近くまで上げて部屋着は常に薄着でアイスクリームを食べているような有様ですから、本州の人たちとは過ごし方がかなり違うと思います。
無論、私は寒さに強い特異体質ですから(笑)本州の冬も一向に苦になりません。余談ですが家を新築したばかりの頃は冬でも室温を20度程度にしていたので、冬季間私の家を訪問する友人が一人もいなくなった事があります。(笑)
【2007/11/05 20:52】 URL | にーの #-[ 編集]
実はそのエジプト人の方はポーランドに留学したことがあり,寒さに対する備えはできていたようです.「カイロは1週間も住むとうんざりする都市だよ」と,故郷の現状を嘆いていました.

冬に室温30度はさすがに暑そうです.北海道のアイスクリームの美味しいですから,そこまでしても食べる価値はあるということでしょうか.
私はそれほど寒さに耐性がありませんので,今後はピクニックでもして鍛えようかと思っています(?).
【2007/11/05 22:25】 URL | admin_hishi #-[ 編集]
やっぱりそうなのか!
北海道で室温設定20度だと、実際にはこちらの室温設定20度よりも寒いんだろうとは思いますが、我が家では室温設定20度はぜんぜん普通ですね。

福岡に移り住んだ道産子が「こんな寒い場所には住めない!」と言ったとか言わないとか(笑
【2007/11/05 22:29】 URL | peccafly #aIcUnOeo[ 編集]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://skuchendnevnik.blog98.fc2.com/tb.php/65-57336559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
最近の記事

最近のコメント

CalendArchive

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する